ワークライフ

産業保健師である私の一日の業務【ほぼ残業はありません】

2019-02-28

 

産業保健師の1日の業務ってどんな感じ何だろう。

定時に帰れるのは本当なのかな。

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の信頼性

本記事を書いている私は、看護師から企業の保健師へ転職し、産業保健師として仕事をしています。

とある企業の正社員産業保健師として仕事をしています。

 

産業保健師が所属している様々な企業の中には、正社員とともに派遣社員や契約社員も所属している企業もありますが、私の勤める会社の保健師は全員正社員になっています。

そのため、就業形態による業務量の差はありませんので、派遣だから業務が少ない、定時に帰れる、ということもなく、正社員ですがほぼ定時に帰れています。

 

産業保健師について

保健師は国家資格の必要な職業のひとつです。

でも、ドラマ化でメインキャストが演じる職業になるわけでもなく、世間一般として、この仕事のイメージはあまり無いように思います。

という私も、看護師を目指していた学生時代、保健師についてはほとんど知りませんでした。

地域社会には確かに存在していますが、接する機会がなければ、あまり関わることが無い職業かもしれません。

特に私のような企業の保健師は、全ての会社に配置されているわけではありませんので、余計に存在を知られていないのかなと思います。

なので、私のやっている産業保健師を目指す方にとっても、なかなかこの仕事の細かい部分までは想像できないのではないでしょうか。

実際、私はこの職業を目指して転職活動したわけですが、この職業の仕事内容の詳細は全くわかりませんでしたので、全て自分のイメージだけで乗り越えてきました。

保健師の仕事や活動のことを面接で聞かれても全くわかりませんので、想像して答えた、という感じです。

職業としても、仕事の詳細としても不明なことが多いと思いますので、私の仕事の流れの一部分をお話ししてみたいと思います。

 

とある一日の仕事の様子(緩やかな日)

 

仕事としては、大きく二つに分けられます。

保健師としての自分の仕事」と、「産業医在勤日の仕事のサポート」。

私の会社の産業医は毎日在勤しているわけではないので、産業医在勤日は主に産業医中心に動きます。

それ以外は、自分の仕事を自分の優先順位で行なっていきます。

以下では産業医が不在の日のお仕事です。

 

午前中、午後、その他で分けて紹介しています。

 

業務
午前中のお仕事

 

業務
午後のお仕事

 

業務
臨時のお仕事

 

最後に

こうやって出してみると、内容が薄いですね。

いや、でも、そんなことは無いんですよ。

まぁ、暇な日もありますが(笑)

 

時間があるときは、自分の勉強をしたり、研修レポートを作成したり、健康教育の資料を作成したりしています。

 

その他、ちょこちょこ色々なお仕事があります。

・海外出張の従業員への対応

・メンタル相談

・体調不良者の対応

・救急対応

・健康教育

などなど。。。

でも、そこまで大変なことはありません。

 

看護師は患者さんの状態や入退院の予定によって、自分の仕事が左右され予定が崩れることが多いと思います。

しかし私の仕事の場合、自分でスケジュールを調整できることがほとんどですので(もちろん、救急対応が発生すれば時間が取られたの業務へ影響が出たりしますが)、残業をしなくて済むように調整をしています。

 

とにかく、自分次第でどうにでもなるということです。

なので、定時で帰れたり、有給が取れたりするんです。そういう調整がとてもしやすい職業ということですね。

 

看護師も、自分のやりようでいくらでも時間が作れますよね、頑張れば。

1日のうちにやるべき仕事が終わるようにやりくりをするというのは同じです。

時間管理は看護師の特技だと思いますので、スケジュール管理は問題なくできるのでは無いでしょうか。

なかなかイメージしにくい仕事内容ですが、私は日々充実した日々を送ることができていますよ 🙂 

 

© 2020 産業保健師の部屋