キャリア・転職

【産業保健】大手企業の求人情報掲載内容(通信・電気機器業界)

2019-04-06

こんにちは、保健師カナです。

疑問ホケンシ

実際の求人情報ってどういう感じなのかな。大手メーカー系の求人情報を見てみたいな。

こんな疑問にお答えします。

 

実際の求人情報から、企業や条件の傾向を掴もう

私が転職活動をした際に入手した求人情報を公開します。ただし、社名や社名を特定できそうな勤務地詳細は伏せています。

ネット上だけではなかなか求人情報の詳細までは確認できませんので、実際の求人情報の例を参考に、どのような内容が記載されているのか、自分の優先させたい条件は一体何なのかを明らかにするためのひとつの手段として活用していただきたいと思います。

※私視点でのプラスポイントに感じる部分とマイナスポイントに感じる部分にマーカーが入っています。

※看護師から保健師へ転職希望であり、保健師未経験者にとって特に重要になるポイントは赤字にしています。

他企業と違う珍しいポイントにもマーキングしています。

 

大手企業①(業種:情報・通信)

求人概要

産業保健師 契約社員 1

業務内容

健康管理室にて産業保健師として、勤務して頂きます。

【組織】産業医が2名、保健師が2名で、今後は保健師3名体制を予定

・従業員の健康管理

・事業部人事・現場マネージャーからのヒヤリング

・ヘルスケアの企画・運営等

【残業時間】10時間未満/

応募条件

【必須要件】

看護師として臨床現場のご経験がある方

保健師の有資格者

【歓迎要件】

産業保健師としてのご経験

健診クリニック等での保健指導経験

英会話 ※英語はなくても業務に支障はございません。

【魅力】

産業保健師の経験は無くても、ベテランの保健師から教育を受ける 事が出来る為、学びたいという姿勢があれば問題ありません。

【学歴】専修・専門学校卒業以上

勤務地

東京都内本社

転勤

給与

年収 450万円 ~ 600万円 年俸制

諸手当、その他待遇、各種保険

通勤手当 スポーツクラブ法人会員、団体定期生命保険・入院給付金・障害時収入サポート保険(会社負担)、雇用保険、労災保険、厚生年金

勤務時間

9:00 17:30

休日、休暇

年間休日日数:125日 / 完全週休二日(土日)産休育児休暇 制度あり・実績あり

祝日、夏期(有給3日間)、年末年始(12/30-1/4)、年次有給、有給傷病欠勤(病欠:年間3日間※有給休暇以外で 取得可能)、傷病、忌引、結婚、看護(有給5日間)、介護、ボランティア(有給3日間)、出産、産前産後、育児 等

選考内容

面接回数:3回、適性試験 場合により面接回数が変動します

ポイント

契約社員でも年俸がかなり高めなのは嬉しいです。

未経験者でも門を開いてくれているのは嬉しいことです。教育制度が整っている証拠でしょう。

1名補充要因としての募集のため、未経験者でも業務を一からゆっくりと覚えていくことができそうです。

お給料も良い分、すでにスキルを持っている人、もしくは今後スキルアップを積極的に行うことができる人材を求めているような印象があります。

 

大手企業②(業種:電気機器)

求人概要

産業保健師 契約社員 1

業務内容

【対象の社員】

・合計750名程度の従業員

・健康管理センターで診療業務もおこないます

・研究所の為、デスクワークや実験をしている方々が対象となります。 工場ではない為、緊急の怪我などは基本ありません。

【体制】

・産業医1名(60歳半ば)

看護師1名(現職の方との入れ替わりです)

・事務1名(50代半ば)

【業務内容】

・メンタルヘルス関連業務(面談・スケジュール調整等含む)

・保健指導(個人相談対応含む)

・各種健康診断対応

診療所対応(レセプト・医薬品管理等含む) 医師の診察介助、風邪の対応や、応急処置がメイン。 1日多くても5名の方が来るイメージ。

伝票処理 等

応募資格

保健師

勤務地

東京都内

給与

年収400500万円  月収28万円~35万円  年間賞与 2

社会保険

完備

勤務時間

8301700 実働7時間45分(休憩時間45

休日、休暇

年間休日125日 完全週休2日制 土日祝休み 夏季休暇5日間 年次有給休暇あり

選考内容

・書類選考 推薦状での応募でOK 面接時は履歴書と職務経歴書が必要

・面接 1回~2

その他

保健師のみ(まずは企業での産業保健師経験ある方のみの募集。未経験は交渉中

年齢55歳まで目安

ドクターが高齢で様々なことも仰る為、良好な関係を築くには人生経験豊富な方が マッチングするかもしれません。 若い方は合わない可能性があります

入社日できるだけ早く

基本的なPCスキル(ワード・エクセル等)

産業医の立てた方針に、着実に ここはもっとこうした方がいいと意見する人は合わないかも。 ばりばりやっていきたい

契約社員採用(1年更新)※特に更新期限はありません。

ポイント

契約社員にも関わらずお給料が高めなのは嬉しいところです。

診療所業務が付随するため保健師と看護師の業務の両方を行うことは、少し負担が大きくなる可能性があります。看護師からの転職の場合には、それが強みとなってアピールできるかもしれません。

産業医の先生に関するコメントが記載されているというのは珍しいです。おそらくそれが原因で辞めた保健師がいるということでしょう。

 

大手企業③(業種:電気機器)

勤めたことはありませんが、個人的にSONYは保健師としての専門性を高めていくという点で、とてもオススメだと思います。

産業医の先生は著名な方で、よく学会や講演会でお見かけします。大きなグループ会社なので海外案件も多く、海外支援までとても充実しているのではないかと感じています。

比較的若い方を求めているようですので、その分教育制度も整っているように思います。初心者から今後ステップアップをしていきたい方まで、チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

ホームページはこちら

ちなみに、SONYのような大企業の場合、SONY本体に所属するのではなくSONYの関連会社に所属する形になりますが、そのようなケースは珍しくありません。

イメージとしては、保健師はSONYにはおらず、SONYの従業員をソニーコーポレートサービス株式会社の保健師がサポートしているというような感じです。

(以下、大部分をホームページより抜粋)

入社予定日 2019年4月1日以降随時
仕事内容 産業保健活動全般と診療業務

  • 保健指導、健康相談、健診事後措置、メンタルヘルス、海外勤務者健康管理、特殊業務従事者・長時間勤務者対応、ストレスチェックによる個人・組織への支援
  • 緊急対応、応急処置等の全般的な保健医療活動  等
応募資格
  • 2012年~2019年に医療関係技術者養成大学を卒業された方、卒業見込みの方
  • 保健師資格所有の方、2019年3月までに保健師資格取得見込みの方
雇用形態 契約社員正社員登用制度あり
勤務地 東京と神奈川県の両方に勤務できる方
選考方法 書類、面接、WEB適正検査、小論文

入社後の待遇

給与 新卒 211,500円 
既卒 215,000円~250,000円
諸手当 通勤手当(定期代全額)、超過勤務手当
昇給・賞与 昇給/年1回・賞与/年2回(6月、12月)
勤務時間 9:00~17:45(休憩45分
コアタイム9:30~15:30として出勤退勤時間を選択できる月間フレックスタイム制あり
※但し、勤務地、職種、雇用形態により異なる
休暇・休日 年間休日125日/完全週休2日(土・日)、祝日、年末年始
※但し、勤務地、職種、雇用形態により異なる
年次有給休暇(初年度13日)、慶弔休暇 等
福利厚生 健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険・財形貯蓄・持株会・
ソニー製品購入支援制度・選べるベネフィット、カフェテリア(昼・夜利用可能)など
研修制度 保健師育成専門研修、階層別研修、資格取得支援制度、通信教育補助制度 等

 

ポイント

求人情報に教育研修制度の記載がある企業はとても珍しいです。(看護師の求人ではよく見かけるかもしれませんが。)未経験者を一から育てようとしてくれているのがとてもありがたいポイントです。保健師に対する教育は産業医の力も大きく関わるため、産業医が優れている企業では保健師教育も活発になるように思います。

企業グループも大きいため、産業保健師という仕事に専念したい場合にはとても良いと思います。

勤務先が少しバラついていることが気になる点ではあります。

お給料は高くもないですが、低くもありません。看護業界から見るととても低いと感じるかもしれませんが、夜勤の無いことを考えると、いたって普通の金額です。

勤務時間についてはフレックスを利用できるのはとても良いです。

 

求人との出会いは恋愛と同じ!?

単純に比較してしまうと、マイナス点が気になってしまうかもしれません。

ここで、ひとつ重要な点があります。それは、看護師の求人は基本的に毎年どの病院でも行われていると思いますが、企業の産業保健師求人は、毎年どころか、いつ出るかわかりません。

同じ企業と言えどもいつも同じ時期に出るわけでもなく、3年ごとなどの定期的に出るわけでもありません。「空きが出たとき」。ただ、それだけなのです。

上記3つの大企業の求人が同時期に発生する可能性はとても低いです。自分が転職活動をしている時に、どの程度の案件が出回っているかも予想できません。

そのため、自分の手に届く案件というものはとても貴重で、その時に入手できた案件同士でしか比較できませんので、なのでより多くの情報を入手できるようにし、より自分に合った会社を探していくことが大切なのだと思います。

そう、転職も全てはタイミング。運もあるかもしれませんが、タイミングが一番です。恋愛と同じではありませんか?出会いはいつどこにあるかわかりません。

でも、より多く行動した人が多くの求人と出会えることは確かです。転職専門会社を使うも良し、友人から情報をもらうも良し、ネット上で探しまくるも良し、SNSで探すも良し、何でもやってみないとわかりません。

転職活動は孤独な戦いなので、とても大変です。でも、きっとあなたに合った会社があるはず。自分を信じて、一歩一歩頑張りましょう!

  • この記事を書いた人
maki

maki

★看護師から産業保健師へ転職 // 企業所属保健師 // 産業保健や産業保健師、産業保健師への転職情報を発信中。産業保健師への転職を検討されている方を中心に、少しでもお役に立てると嬉しいです。

© 2020 産業保健師の部屋