プロフィール

Profile 4 // Next Step

 

プロフィール全容
Welcome to This Blog

続きを見る

 

職業選択

 

次の仕事を考えた際に私が重視したことは、以下の3点でした。

・心身を酷使しない仕事や環境であること

・ワークライフバランスが整っていること

・長く続けれる仕事・職場であり、正社員採用であること

 

でも、保健師となると正社員枠がとても少ないんです。

そもそもどちらも未経験。

 

看護教員は、まだ保健師よりも看護師の仕事を教えるという立場なので、看護師寄りだと思いますが。

 

でも、保健師は別物。

新たな知識や技術が必要になります。

そもそも一人職場で仕事をすることが多いので、未経験者が一人で仕事なんてムリですよね。

 

保健師のワークライフバランスは十分良いのではないかというイメージがありました。

一方、看護教員については、自分の実習時代を考えると、実習時間が終わっても作業をしていたり、翌日の準備をしたりと、とても大変なのではないかというイメージが先行してしまいました。

でも仕事先が見つからないと元も子もないので、看護教員試験を受けに行きました。

 

すると、10人採用枠のところ、確か6人程度しか受験者がおらず、、、定員割れ状態だったんです。

「え、そんなに人気が無い職業なの?」と驚きました。

受験者と色々話をしてみると、やはり看護教員の人気の無さ、仕事の大変さを耳にし、看護教員の実態を理解しました。

「次世代の看護師を育てる」という素敵な職業だとは思いますが、私の次の仕事としての条件には当てはまらないのかなと。。。

 

看護師時代、病棟で後輩ナースの教育担当になったことがありますが、私の世代と今の世代では教育事情が異なり、教え方が私の学生時代とは全く違うのです。

おそらく、30代以上の方はなんとなくわかるんじゃないかと思います。

その教育方法の部分にも、より大変なイメージを抱いてしまいました。

 

結局、看護教員は合格したものの辞退し、保健師一本で頑張ることにしました。

 

産業保健師一本に絞る

 

このような経緯があって、私は保健師を目指すことにしました。

そもそも、私が看護師になったのは、「看護師になるために身につける知識や技術は、将来、自分や家族のために役立つのではないか」と考えたからでした。

となると、保健師にも同じことが当てはまると考えたんです。

「保健師としてこれから学ぶ知識は、きっと将来役に立つだろう」と。

もちろん、それに付随して、仕事による心身への負担が少ないことなども、保健師を目指した理由です。

自分の看護師経験も十分活かせるだろうとも思いました。

この想いを胸に、大変な転職活動へ挑むことになったのです。

 

つづき
Profile 5 // New Work as an OHN

続きを見る

  • この記事を書いた人
maki

maki

★看護師から産業保健師へ転職 // 企業所属保健師 // 産業保健や産業保健師、産業保健師への転職情報を発信中。産業保健師への転職を検討されている方を中心に、少しでもお役に立てると嬉しいです。

© 2020 産業保健師の部屋